”カード端面キック方式”

”カード端面キック方式”はカードディスペンサー(カード発券機)のカード収納部に大量に
積上げられたカードの安定した発券を実現する技術です

   

摩擦力

  • カード収納部には最大250枚のカードが積上げられます。その一番底にあるカードには
    積上げられたカード全体の重量が掛り、一番底にあるカードを発券する際の抵抗力になります。
    更に湿度が高い場合、カード間の摩擦力が大きくなり、ますますカードを発券する場合の抵抗力
    が増加します。

カード端面キック方式

  • カード収納庫の一番底に有る1枚のカード後方端面を金具にて押出し発券する方法です。
    これにより安定した発券動作を小型の機構構造により実現します。

 

 



対応商品
カード端面キック方式のカード発券機


  STR-400   カードディスペンサ・カード発券機
      STR-400シリーズ

      カード端面キック方式による確実なカード発券
      SDK(サンプルプログラムとAPIファイル一式)提供
  IRS-270  NFC規格準拠 ICカード発券/回収機
      IRS-270

      ICカードの発券・回収・データ読み書き 1台で3役
      SDK(サンプルプログラムとAPIファイル一式)提供
  IPS-211  リライタブルプリント機能付ICカード発券機
      IPS-211

      文字・図形の繰返し印刷・消去が可能
      SDK(サンプルプログラムとAPIファイル一式)提供